­
アバター

About ilovelifehouse

This author has not yet filled in any details.
So far ilovelifehouse has created 36 blog entries.
  • 人生の底から引き上げられた

人生の底から引き上げられた瞬間 – Chiki

自分がクリスチャンになるまでは、自分自身を人として考えてなかった。毎日のように周りから人のように扱われずに、まるで奴隷のように扱われた。親にも甘えるなと言われ、厳しくされてた。周りに頼れる存在がいなく、この先の人生を奴隷のように生きるしかないのかと絶望してた。 […]

  • ライフハウスチャーチ

ライフハウスチャーチ – 日本で一番若者が溢れてる教会 – Toshi

先日ライフハウスチャーチでは15周年を祝いました。 私が今の業界に入って仕事をするようになって15年になるのと救われたのがこのチャーチだったのでプラマー夫妻が日本に来た事に特別な縁を感じ、非常に感謝しています。 […]

  • 変わり続けること ライフハウス

変わり続けること – ライフハウス

ライフハウスの素晴らしいところは、皆が「変わろう!」「成長しよう!」と思っているところ。 イエスにあって、変わり続けることが大切なんだと、今学ばされてます。新しいことを始めるのが苦手な僕だからこそ、ライフハウスのようなチャーチが必要なんだと思います。 変わり続けた先がどんな景色かはわからないですが、それが最高だということは、間違いない!皆で、今まで見たことのない景色を見に行きたいです!

  • ライフハウスで生きる意味を見つけられる

ライフハウスで生きる意味を見つけられる-Fumiya

こんなに愛で溢れていている場所はない!誰にでも、この愛に触れられるし、生きる意味を見つけられる!!!

  • 家族全員でエネルギチャージできるいのちの家

家族全員でエネルギーチャージできるいのちの家! – Yuiko

私にとってライフハウスは、人生の一部。 その名前が表すように、いのちを注いでくれる場所!コンセントを差し込んで充電するように、ライフハウスに行くと魂の充電が満タンになる。しかも、私だけでなく、一緒に通う夫や子供たちも、それを毎週体験できることに感謝! […]

  • ライフハウスでイエスに出会った

ライフハウスでイエスに出会った – Kirby

俺は広島の一般家庭で育った。一度も教会にも行ったことはないし、興味もなかった。青年としてただ興味あるのは、女にモテること、有名になること、お金持ちになること。夢に満ち溢れた青年にも聞こえるかもしれないが、心では人生に満足をしていなく、孤独をよく感じていた。 友達はいるにもかかわらず孤独を感じている自分は、いつもなぜか空に向かって、「俺を気にかけてる人はいるのかな〜?やっぱいないよね?俺が今死んでも悲しむ人いるのかな?死んだほうが俺の存在に悲しんで気付いてくれる人はいるんじゃないかな…。いっそ死んだほうがいいのかな…」 […]

  • ライフハウス東京は楽しいところ

楽しいところ – Yoshi

みんな明るくて優しい人で溢れていてすごい楽しいところ!これ以上の場所はない!ここが僕の居場所!!

  • 「もう日本を出た~い!!」から、日本を愛し、今いる場所を喜べるようになった帰国子女

「もう日本を出た~い!!」から、日本を愛し、今いる場所を喜べるようになった帰国子女 – Kaori

「もう日本がイヤ~!日本を出た~い!!」 って思ったことありますか? 「電車は混んでるし、みんな同じことをしているように見えるし、つまんない~!!海外のほうがかっこいぃ!海外に住めば何か変わるかも!」 そう、私はこう思ってた! 小学校まで日本で育ち、中学と高校は海外で過ごし、大学受験で帰国!いわゆる「帰国子女」の私は、都内で大学に通い始めても、海外のほうが良かった~、早く留学したい~、むしろ日本ってなんかイヤ~って!! でも […]

  • 今は神様に結ばれて一つの『家族』に

違う道を歩んだ二人。今は神様に結ばれて一つの『家族』に – Jun and Tomoko

私たち2人は、今、神様の恵にあって充実した結婚生活を過ごしています。しかし、そこに至るまでには沢山の波乱万丈があり、遠回りばかりする人生でした。そんな生活の中で、大きな転機が訪れたのは、このライフハウスという教会との出会いでした。その場所で本当の神様の愛と癒しを体験し、素晴らしい結婚生活、人生を歩み始めることが出来たのです。 […]

  • ライフハウスで人生の目的を見つけられる

人生で一番必要なもの、人生の目的を見つけられる場所! – Rie

こんにちは、りえです。 2005年の11月にライフハウスに来ました。 来続けて10年以上になります。 […]